退職

仕事のストレスで体調不良…手遅れになると正常な判断ができなくなる

投稿日:

2018年11月29日更新
f:id:Represent:20180629142602j:plain



仕事のストレスが原因で、様々な症状がわたしたちに襲ってきます。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 胃痛
  • 不眠
  • 抑うつ状態

こういった症状が表れはじめたら身体を休めなければいけない合図となります。

しかし実際には「休みたい」「病院に行きたい」と思っても会社や周囲の反応を気にして休暇や治療をすることが難しいと感じてしまうのが日本の悲しい現実です。

苦労することや苦しいことを未だに我慢することが美徳と思われる節は多くの職場で往々にしてありえることでしょう。

しかしもし、ストレスが原因であなたが入院・長期の治療が必要になった時は自己責任となり会社は助けてくれません。

そしてストレスで体調不良を起こすような仕事は、ハッキリ言って遅かれ早かれ退職するでしょう。あなたに合っている仕事は他にも存在します。

とはいえいきなり退職する勇気が無かったらまずは休むこと。

スポンサーリンク


体調不良を感じたらとにかく休む

f:id:Represent:20180629142602j:plain
「体調不良で休ませほしい…」と言うと、周囲から良くない反応をされるかもしれません。しかし仕事のストレスが原因で体調不良を起こしたら必ず休んでください。

こういった理由で休もうとすると

  • 甘えている
  • ストレス耐性がない
  • 根性がない

などの評価が下されるかもしれませんが、そんな周囲の評価は関係ありません。

会社や上司はあなたに「まだ余裕あるな」と判断したらさらに仕事の強度を上げストレスをかけてくるので、自分が限界だと思ったら自分で判断して休むしかありません。

自分の身体を守れるのは自分だけ。自分の限界は自分で決めましょう。

最悪の場合は治療が必要になることも…

f:id:Represent:20180629142622j:plain
仕事のストレスによる体調不良を放置し続けると最悪の場合は治療が必要になります。

  • 胃潰瘍
  • 胃がん
  • 十二指腸潰瘍
  • うつ病
  • 自律神経失調症

これらの他に様々な病気がストレスが原因で患う可能性があります。

何度も言いますがこのような状況になっても会社は責任を取ってくれません。基本的に自己責任。

もし体調不良で仕事ができなくなったら治療費や治療中の生活費、社会復帰までの道のりはとてつもなく難しくなります。

そもそもストレスが原因で治療が必要になるというケースは珍しくありません。わたしの身近にも、ブラック企業で消耗して治療が必要になった友人は何人かいるので他人事ではないんですよね。

このような状況になる前にストレスとしっかり向き合うこと。

ストレスが原因で休むのは逃げではありません。

スポンサーリンク


退職も視野に検討する

  • すでにストレスに耐えられない
  • 欠勤・休職をしても体調不良が治らない

こういった場合は退職するのもアリです。

もちろんストレスが原因による退職は逃げなんかではありません。

むしろ「現在の劣悪な環境を変える」という選択肢は根本的なストレスの原因を解決してくれるので特効薬にもなります。

周囲の人の「こんな仕事でストレスを感じているようならどこに行っても通用しない」なんて言葉は気にしない。

わたし自身も新卒で入社した会社を僅か3ヵ月で退職した経歴の持ち主ですが、ストレスを原因に早期離職した経験は後悔していません。

ストレスが原因で正常な判断ができなくなる

近年問題社会問題になっているのが「過労自殺」です。

強いストレスや長時間労働でとっくに限界を迎えているのに「退職」という選択肢が思考の中にでてこない。

こういった正常な判断ができなくなることは過労のニュースを見ると本当によくあることです。

普通の人ならギブアップするのに転職とか休むという考えが消えてしまうんですよね。

正常な判断ができなくなった先に待っている末路は

  • 過労死
  • 身体を壊す

しかありません。

スポンサーリンク


退職後の不安は後回し

f:id:Represent:20180629142639j:plain
ここまでの内容をまとめると

  • ストレスが原因を体調を崩したら休むor退職
  • 体調を崩すような仕事はあなたに向いていない

という感じ。

まずはストレスから解放されることが何より重要です。

「でも仕事を辞めるリスクも高いんじゃない…?」って考える人もいると思いますが、今の仕事を続けて本当に身体を壊すリスクの方が明らかに高いでしょう。

ハッキリ言って20代の若者であれば、仕事はいくらでもあるし転職活動はどうにでもなります。現在の転職市場は人手不足の影響で転職者有利な市場です。

まずもっとも重視して考えるポイントは、仕事よりも体調を優先です。

関連記事:ブラック企業の求人は排除!既卒者・第二新卒・20代に特化したおすすめ転職サイトまとめ

あわせて読みたい記事

【正社員編】楽な仕事の決定版!きつくないゆるふわな仕事の探し方

飛び込み営業が辛すぎる!新卒が辞めたいと思った時に知っておくこと

-退職

Copyright© ニート大辞典 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.