ニート

ニートの勉強!学習するべきジャンル設定と目的意識をしっかり持とう

投稿日:

f:id:Represent:20190204170014p:plain



こんばんは。今回の記事は「ニート期間中の勉強」について。

ニート期間が長くなると「今すぐに仕事をするのは嫌だけど将来を見据えて何か勉強した方がいいのかな?」と考えることが多くなります。

わたしのニート時代も遊びやリフレッシュに一区切りがついた段階で「せっかく時間があるから生産性があることをしたい」と思っていました。

結果的に当時のわたしは勉強をしないで就職活動に始めたのですが、今思うと地に足をつけて勉強するのもアリだったなと感じます。

ということで今回の内容はニートの勉強についてまとめました。

スポンサーリンク


ニートは勉強時間の確保が簡単

f:id:Represent:20190204170101j:plain
前提としてニートの生活は勉強するのにはめちゃくちゃ有利な条件が揃っています。特に勉強時間の捻出に関してはニートは最強です。

ニートの仮定のタイムスケジュールですが

食事:1時間(20分×3回)
入浴:1時間
趣味:5時間
睡眠:9時間
勉強:8時間

これイケそうじゃないですか?

1日にガッツリと9時間睡眠をとって、ゲームの時間を5時間確保したとしても8時間は勉強することができます。つまりニートはそこそこダラダラしながらでも勉強時間の捻出は簡単にできるということ。

とはいえメリハリが必要な生活になるのは間違いないので、ついつい甘えがちなニート生活を自制する意思は必要ですね。

スポンサーリンク


ニートが勉強をする理由はお金を稼げるようになるため

f:id:Represent:20190204170223j:plain
ニートが消費的な行動に飽きた時、「なにか生産性のあることをしなければ…」と漠然とした不安を抱きます。かといってすぐに就職はしたくないし…ということで自宅でできる勉強をしようと思うわけです。

でまぁいきなりニートが「勉強する!」といっても何を勉強すればいいかわからないのが悩みどころですよね。

そもそもなぜ勉強をしなければいけないのか?

その答えは「勉強をしてお金を稼ぐ方法や手段を学ぶ」ということ

勉強して学んだ知識や教養は自分自身への投資です。自己投資を行い、お金を稼ぐための能力と知見を広めていくことが勉強の目的です。

何を勉強するのかは人それぞれ

f:id:Represent:20181124153207j:plain
勉強をする理由はお金を稼ぐためですが、何を勉強するかは人それぞれです。

例えば…

①ネットビジネスで稼ぎたいからアフィリエイトを勉強する
②プログラマーになるためプログラミングを勉強する
③住宅の営業に興味があるから宅建取得を目指す
④英語を生かして仕事をしたいからTOEICを取得する

などなど。

一言で「お金を稼ぐために勉強する」と言っても、何を勉強するかは人によって大きく異なります。

「勉強しよう!」と高らかに志を掲げても「何のために勉強するのか?」を明確にしておかなければいけません。

勉強することが目的になってはいけない

f:id:Represent:20181110001818j:plain
あくまで勉強とはお金を稼ぐために必要な自己投資です。ここで注意してほしいのが「勉強することを目的にしてはいけない」ということ。

勉強は手段であり目的ではありません。そこを勘違いしたまま勉強をしても、得れる知識が少なかったり、なぜ勉強しているのかわからなくなり勉強が続かなくなります。

自分はなにを勉強したいのか?それがわからない人は、世の中にはどんな働き方があるのか?どんな仕事があるのか?どんな資格があるのか?

こういった見識を広めることからはじめるのがおすすめ。

スポンサーリンク


ニートの勉強、具体的になにを学ぶ?

f:id:Represent:20181121223105j:plain
ニートが勉強して何を学ぶか?それは本当に人それぞれなので一概に言えることではありません。

しかしわたしがあえてニートにおすすめする勉強ジャンルをあげると「個人でできるビジネスの勉強」です。具体的にはアフィリエイトやユーチューバー、不動産やクラウドソーシングなどなんでもいいと思います。

なぜ「個人でできるビジネスの勉強」をおすすめするかというと

①社会復帰してしまうと副業規定にひっかかるリスクがある
②上手くいけばフリーランスの道が開ける
③資格の勉強は入社後でも可能
④個人で稼げる能力は強みになる

これが個人でできるビジネスを勉強するメリットかなーと思います。

「働きたくない」というモチベーションで勉強する

ビジネスの勉強をするということは、成功すれば「会社員でなくても生きていける」という選択肢が増えるのが最大のメリット。

そりゃあね!ニートなら誰だって就職活動を始めたくないし、キツイ会社員生活を送りたくないですよね。

誰もが思う「会社員として働きたくない」という強烈なモチベーションはビジネスの勉強をするにあたって絶大な後押しとなります。

こんなことを大真面目に家族や友人に話したりすると「失敗したらどうするの?」などと心配されますよね。

別に失敗したら就職すればいいだけの話し。失敗のことを考えたら資格取得やスキルアップの勉強すらできなくなるのでお門違いな心配です。

最後に勉強するにあたっておすすめの書籍を紹介して終わりします。

-ニート

Copyright© ニート大辞典 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.