転職サービス

一歩踏み出す!派遣社員から始める女性の転職活動!

投稿日:

f:id:Represent:20190406152950p:plain



今勤めている会社の仕事が辛くて辞めたい…

ニートやフリーターから脱したいけど、正社員としていくやっていく自信がない…

これらの悩みを抱えた20代の女性は少なくありません。晴れて新社会人としてキャリアをスタートさせたものの、実際の業務に携わってみると苦しい人間関係と激務に追われ、仕事にたして苦手意識を抱き働くことが困難になります。

責任のある仕事をバリバリこなしてキャリアアップしたい…という願望を諦めた女性はどのような働き方がベストな選択なのでしょうか?

この記事で説明するのは「女性が契約社員として働く」という選択肢についてです。


テンプスタッフなら等身大の仕事が見つかる!

女性が派遣社員として働くメリット

f:id:Represent:20190403150233j:plain
近年では働き方が多様になり正社員以外にも派遣社員・契約社員・パートなどと様々な形態で働くことが可能です。

バリバリのキャリアウーマンを志望している人であれば正社員一択です。しかし働きやすさやライフワークバランスを重視して契約社員として働くのも珍しくありません。

女性が契約社員として働くことのメリットは…

①ライフステージに合わせて多様な働き方ができる
②仕事に自信が無い人のステップアップになる
③職場や勤務地などの希望に沿いやすい
④賃金が高い

派遣社員としてはたくメリットはこんなところでしょうか。それでは個別に説明していきます。

①ライフステージに合わせて多様な働き方もできる

f:id:Represent:20190402233142j:plain
日本の国としてよくないことかもしれませんが、男性に比べて女性は多様な働き方を求められます。中でも出産による環境の変化はどうしても避けられないことです。

正社員として働いている女性は「育児休暇はどれくらい取得できるのか?」「育児中は強度の強い仕事は避けて早く帰りたい…」など、勤め先の会社との働き方を擦り合わせが難しいこともあるでしょう。

それに比べて契約社員は、長期に渡って同じ職場で働くことはないので自分のライフステージに沿った働き方をその都度選択しやすいメリットがあります。

②賃金が高い

意外と知られていないかもしれませんが、契約社員の賃金は高いです。もちろん正社員と比べると低いですが、アルバイトの時給と比べると高い傾向にあります。

派遣社員は月給ではなく時給で給与が発生します。フルタイムで勤めることを考えると少しでも時給が高い方がいいですよね。時給百円の差でも月換算すると給与額に結構差がでます。

なぜ派遣社員の時給が高いかというと、企業が直接社員を雇用するのではなく派遣会社を通じで社員を外注しているからです。ざっくりまとめると企業側は節税ができるからです。

③職場や勤務地などが自分の希望に沿いやすい

f:id:Represent:20190402233125j:plain
派遣社員で働く最大のメリットは「残業なし」「通勤30分以内」など、希望に沿った働き方ができることです。

また、普通に就職活動をしていたら採用試験に合格するのがとても難しい企業で働くことも可能です。

派遣社員は具体的にどのうな手順で派遣先を決まるかというと、派遣会社に自分が希望する職場の条件を伝え、ぞの条件に近い職場を紹介してもらう。というのが派遣先を決める流れです。

④仕事に自信が無い人のステップアップになる

f:id:Represent:20190406153300j:plain
派遣社員と正社員では業務の内容や責任が大きく違います。もちろん正社員の方が仕事の責任がとても大きく、難しい業務をこなすことになります。

一方であくまで正社員と比較して場合ですが、派遣社員は仕事の強度はハッキリ言って弱いです。そのため仕事に自信がない人や社会復帰を目指すステップアップとしての働き方に合っている言えます。

正社員にこだわってストレスのかかる働き方は自分を追い詰めるだけです。バリバリのキャリアウーマンを目指していないのであれば、派遣社員として余裕を持って働くのはとても理にかなった考え方でしょう。


テンプスタッフなら等身大の仕事が見つかる!

派遣社員で働くデメリットも理解しておく

f:id:Represent:20190403150147j:plain
一方で派遣社員として働くデメリットもしっかりと理解しておきましょう。

派遣社員と正社員を比較した時に感じるデメリットは以下のポイント。

①3年以上同じ職場で働けない
②ボーナスが無い

「仕事でめちゃくちゃ活躍したい!」という願望が強い人はもっとデメリット感じるかもしれませんが、ライフワークバランスやステップアップを重視する人からするとデメリットはこれくらいですね。

①3年以上同じ職場で働けない

派遣社員の最大のデメリットは同じ職場で長く働くことができません。ほとんどの場合は最長で3年間の契約となるので、契約が切れた後は別の派遣先を紹介してもらうことになります。

悪く言えば「長く安定して働くことができない」良く言えば「ライフステージに合わせて職場を選び直せる」という一長一短ですね。

②ボーナスが無い

f:id:Represent:20190405013101j:plain
派遣社員にはボーナスがありません。基本的に「時給」で働くことになるからです。

それでもアルバイトに比べると高い賃金で働くことができる方法なので、こちらも一長一短ですね。


テンプスタッフなら等身大の仕事が見つかる!

派遣社員のメリット・デメリットまとめ

メリット

①ライフステージに合わせて多様な働き方ができる
②仕事に自信が無い人のステップアップになる
③職場や勤務地などの希望に沿いやすい
④賃金が高い

デメリット

①3年以上同じ職場で働けない
②ボーナスが無い

女性に特化した転職サービス「テンプスタッフ」がおすすめ

f:id:Represent:20190406153402p:plain
これから派遣社員として働こうと考えている女性には「テンプスタッフ」という転職サービスがおすすめですね。看板やネット広告が多くでているので認知度が高い派遣会社ですよね。

認知度が高いだけあって、テンプスタッフの求人数は業界トップクラスで取引先企業も豊富な派遣会社です。

なぜテンプスタッフが女性特化の派遣会社なのかというと、福利厚生の充実と就業後も担当者からのフォローを受けれるので「働きやすさ」のサービスに力を入れているからです。

テンプスタッフのホームページを見る限り女性向けのサービスだけあって、男性の派遣社員向けのコンテンツはほとんどない印象ですね。派遣社員を目指す女性は、まずはテンプスタッフに登録して求人を見てみるとよいでしょう。


テンプスタッフなら等身大の仕事が見つかる!

テンプスタッフの紹介予定派遣なら正社員も現実的に

テンプスタッフには「紹介予定派遣」という働き方があります。テンプスタッフは本来は派遣社員の紹介がメインですが、希望によっては正社員として働くことが可能です。

紹介予定派遣とは派遣期間(最長6ヶ月)が終わった後、本人と派遣先企業が合意すれば正社員として採用される働き方です。

6ヵ月間派遣社員として働き、その期間で職場の環境や仕事内容を見極めることができます。そのため「想像していた会社と違った…」「入社してみたらブラック企業だった…」などのミスマッチを避けることができます。

本人と企業が「正社員として働く」という前提の派遣なので、自力で就職活動をするよりも労力を抑えて勤め先を見つけることができるのがメリットです。


テンプスタッフなら等身大の仕事が見つかる!

-転職サービス

Copyright© ニート大辞典 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.